08/05/12 月曜日9:15:29

 

080512_01.jpg
 

シリコンバレイ で5月16,17日に Tie Con (タイコン)が開かれます。昨年のTie Con は3400名の人達が参加しました。

 

タイコンのモットーは若い起業家を育てあげることを使命としています。このタイの組織を支えるのがチャーターメンバーです。現在約400名のチャーターメンバーが居りこれらに人達のボランタリー活動で会が支えられています。
タイの モットーを実現するための一つの行事として Tie Con のときにE-Bazaar というのを行っています。これはこれから起業したい若いアントレプレニヤーを一対一でベンチャーキャピタリストに紹介するもので約100名ほどのアントレプレニヤーが応募してきます。またシリコンバレイのベンチャーキヤピタルの会社のほとんどが何名かのパートナーをこの企画のためにボランテヤーとして参加します。しかし彼らは良いアイデヤがあれば当然投資をするという前提に立って参加します。

 

さてエベントの前にまずチャーターメンバーがこれらの応募者の臨時のメンターとなります。ビジネスプランを見てあげて中身の検討を一緒にしてあげてベンチャーキヤピタリストがわかりやすいような内容にしてあげます。それから発表の予行演習を見てあげます。
何せ ヴェンチャーキャピタリストとのミイーテングはたった15分です。
ですからこの間に自分のやろうとしていることを的確に伝えないと次のミーテング につながりません。ベンチャーキャピタリストは一回のミーテングで投資しません。このような一回のミーテングで投資を受けられればそのビジネスプランがものすごくよかったかあるいはリープフロッグの技術である場合でこの時は成功間違いなしですね。

 

チャーターメンバーが4名ほどの起業家の面倒を見てこのバザーに送り出します。 去年私は4名の起業家の面倒を見ました。
そのうち3人が2回目のミーテング間で行ったというので私としてはメンターの責任を果たしたと思います。

 

今年も4名の人たちの面倒を見ることになりましたが。今年の応募者はこらから起業をしたい意気込みだけでビジネスプランを考えたこともなくどれくらいのマーッケトがあるかの予測もできない人が3名もいました。
代一回のミーテング でマーケットサイズはどれぐらいあるのか、どれぐらいのお金が必要か、売り上げの予測はどれぐらいあるのか。などを聞き更にベンチャーキャピタリストの思惑は何か、なぜ投資するのかを十分にはなしたあげて、とりあえずビジネスプランをパワーポイントで15枚、作ってくるように宿題を渡しました。そしてもう一回発表の予行演習を私にすることになっています。

 

このなかの一人は全然狙っている市場が投資を受けて起業するに当たらないようなものでしてのでそれなりに話をしてあげてプランをもう一度練りなをすように指示しました。
多分彼は最後に参加しないだろう。

 

さて15分で相手の心をつかむにはどうしたら良いだろうか。
とにかくどうして自分を売こむかが 重要です。まず自分を買ってもらなければいくらビジネスプランがよくても投資は受けられません。
要は何をするのかを的確に手短に話すこと。
チームの構成がどうなっているか。
自分の情熱をどのようにして伝えるか。
自分の人生観をどのようにしてつたえるか。

 

さて皆さんだったらどうする。
さて今年の起業家の何名が2回目とミーテングにいけるだろうか。

 

昨年の TiE Conでは13歳の小学生がカードゲームでビジネスしたいと堂々たる発表を4000名のまえで行い拍手喝采を浴びました。
Anshul Samar 君今年は14歳のなりました。彼の Elementeo.comは順調のようで売り上げも増えているようです。カードゲームで 化学の知識でゲームをするのです、敵を倒すのに化学反応を用いて倒します。
大変教育的でケミカルソサエテイ の会長が大変感激して子供の化学教育に大変良いと賞賛していました。
彼もタイのメンターがサポートしてあげました。
Anshul 君はテレビの番組の”60ミニツ” に取り上げられるそうです。

 

さて日本の若者も彼に負けないように頑張ってほしいものです。
それと同時に日本でも若い起業家をガイドするメンターがたくさん出てほしいものです。
タイのメンターの役をやっていてほんとにこれから起業しようという人達には手取り足取りしてガイドしてあげる経験をつんだメンターが必要なのだと言う事がよくわかります。
シリコンバレイでは成功した人達がメンターになって若い起業家をガイドしています。
日本もこのようなメンターがでてきてほしいものです。
タイコンへの参加を是非お勧めします。今年参加できなかって人は来年是非参加ください。

 

平 強