10/11/26 金曜日21:43:40

November 2010


“見上げてみて月がとってもきれいです。”

彼女が呟いた、ああそうか、夕方6時確かに月がきれいだ、気づいたら、白鳥が北東に位置にある。牽牛と織女も輝いている、天の川はさすがに月の光で見えない。いつも月も星も輝いているのだ、忘れていた自然がそこにある。

さらに明け方5時に起きて空を見上げたらオリオンが輝いている、素敵だ。毎日の仕事、懸案事項のためにふと空を見上げることもなくなっていたのか。たまには回りも見まわしてみるものです。東京では 明るすぎて星が見えないがカリホルニヤの少し町から外れた場所だと星が良く見える。星空を見上げるのは何となく夏が多い、だから夏の星座はよく見憶えている。しかし星座は24時間回っている。太陽の光にさえぎられる時間あるいは明るい月の光のない時は輝いている。ただ上を見上げる余裕がないだけである。

坂本 九の「上を向いて歩こう」
この歌をおもいだす。いい歌だった。
上を向いて歩こうね。

   “幸せは雲の上に、幸せは空の上に、
      上を向いて歩こう、涙がこぼれないように。


腰骨を真っすぐにして上を向いて歩けば何かみつかるのでは。
教育学者、森信三が腰骨を立てる教育で、性根のある子を育てることを提唱している。腰骨を真っすぐにすることも、又一つの人生訓です。

上を向いてiPhone をかざそう。と言って拍手喝さいを浴びた若い起業家がいた。いつまでも腰骨を真っすぐにして上を向いて歩いて成長してほしいものです。

そして時には夜空の星を見上げてください。