10/11/21 日曜日10:34:37

November , 2010


私の本 ”エンジニアよ挑戦せよ“ の中の一章、〜ある創造型起業家のこと〜 の中にDr. Sadeg Fairsのことを書いた。1999年ごろに彼が開発した3Dの技術にシードマネーを少し入れて以来、彼の新しい開発にすべて投資してきた。リヒュラブル電池の開発、リフレクテブポラライザーの開発、そして新しい電池の開発など,みんな夢がある。だから夢に投資してきたのです。すべての投資がすべてゼロになったとしても、ある時期夢を共有したことで投資が報われると思っている。それがシリコンバレイの投資家あるいはベンチャーキャピタリストの思いです。リスクマネーを提供するからこそスタートアップの人が成功するチャンスがあります。

彼はリビヤの出身で、ガダフィ大佐から上手くのがれてUC Berkleyに留学します。とても頭がいいので、「どうして貴方は頭良いのか」と聞いたら、「家が貧しかったので毎日の食料のために海に行ってイワシを取ってそれを生で食べていた」という。そしてもう一つの秘密は、「柿を皮ごと食べたからだ」と言う。柿の皮には頭の良くなる栄養素がいっぱいあるとのこと。

是非頭のいい子を育てるのに実行してみたらどうですか?そして少し大きくなったらイワシを沢山たべさせることです。きっと大成功します…とは、今のところいえませんが、一つだけ、決して何事にもあきらめない凄い子供になると思います。

当時3Dのマーケットは、なかなか立ち上がらずに彼は大変苦労していた。教育用のアプリケーションを開発して細々と生業を立てていた。今、日本で3DTVなどが出てきて、少しは3Dのマーケットが増えそうな感じですが。果たしてどれほど立ち上がることか。日本では、有沢さんが彼の技術を使い3DTVをマーケットに出しています。有沢さんもまた、決してあきらめない経営者のひとりです。事業を成功させるために一番肝心なことは最後まであきらめないということです。

Dr. Fairs はIBM時代に沢山の特許を取りいろいろな画期的なアイデアに挑戦していた。そして又沢山の失敗の山を築いている。しかし彼は決してあきらめない。いつも荒廃の中から逞しく立ち上がってくるのです。マレーシアのマハテールさんが首相の時にマレーシア政府が100M$の投資で開発センターをDr. Fairsのために作ってくれた。ここで次世代の電池の開発にとりかかります。しかしマハテール退陣のあと、新しい首相はなんとDr.Fairsへの投資を中止し、しかも彼の会社を国が取り上げてしまった。ここでも又Dr.Fairsは大変な苦労をします。そしてまた、NYに帰り研究を継続します。7転びどころかすでに9転び位しているのでは、いよいよ10起めです(9転10起)。あきらめない限り彼は必ず成功すると思う。私の投資のリターンはすでにあきらめていますが、最後に一つだけでも成功してシャンペンで乾杯するのを夢にしています。それが一番のリターンだとおもっています。

久しぶりに又、彼からメッセージが入った。私は彼のことをこの本で相当宣伝したから、広告費を払ってくれるようにいつも言っているのですが。彼は彼の一章があるからこの本は売れたのだと言ってロイヤリティーをくれといっている。おかげさまでこの本の在庫はすでになくなった。友人が本くれと言うんで、いよいよ仕方なく、ついにamazonで中古の本を買って知人に渡す羽目になっています。できればNetで再販しようかと思っている。

そろそろ彼との付き合いで10年以上にもなる。久しぶりに彼方からメールが届いた。相変わらず本のロイヤリティーのことを言ってきた。

日本の子供たちに是非柿の皮を食べることをおすすめします。
久美子さん、陸チャンに試してみたらアイキューブドシステムズの有能な後継ぎができますよ。
有佳さん、赤ちゃんができる前に貴方も柿を皮ごと食べて、頭のいい子を産んでください。
アシアルの有能な後継ぎが生まれますよ。

以下、Dr. Sadeg Fairsからのメール本文
*****************************************
November 18, Sadeg to Tsuyoshi


Dear Taira-san,

I hope that you, your family and your business are in great health. I apologize for not making contact with you. It has been a while since we communicated. The economy went bad and that affected our recovery. I am optimistic that 2011 will be a lot better. I have not forgotten about your investment. I am persistent (I eat persimmon with the skin) and will succeed. Our 3D technology is now bearing fruit. After many years our 3D TV partner Arisawa-san is achieving success. (http://community.whathifi.com/blogs/industry_insider/archive/2010/04/08/japan-passive-3d-tv-supplier-plans-expansion.aspx )

I am going to be in Japan, and remembered the great time we had and the great help going up and down the train stations that kept you young and healthy.
I hope your book is doing well it has the best chapter that should make too much royalties. Instead of writing about garlic we need a book about persimmon .


I will call you today.

Best regards
Sadeg Faris

以下、私からの返信
**************************************
Novembr 18, Tsuyoshi To Sadeg.

Nice to hear from the past ,I am looking for another Sadeg Faris in Japan, there is some but need to encourage him to challenge aggressively , I met Arisawa san at Karuizwa golf course when I play golf with Idei san we chat little about you.
Any way nice to hear from old friends looking for hearing from you soon.

そして決してあきらめない経営者に贈るとっておきの一枚。
この写真を取った写真家は何と30分もカメラを構えたまま蛙さんの戦いを見守っていたそうです。
そしてついに蛙さんは鷺のくちばしから逃れたのです。